ロレックス ROLEX


『櫻井有吉アブナイ夜会』生田斗真さん着用の腕時計

腕時計

1945年に登場したロレックス デイトジャスト Ref.116200。12時に日付が瞬時に変わる「デイトジャスト」機構を搭載したロレックスの上級モデルは、現在までにもっとも豊富なバリエーションを誇るモデルといえるでしょう。オーソドックスなステンレススティール、18Kホワイトゴールドベゼルモデル、ピンクゴールド、イエローゴールドとのコンビモデル、オールゴールドのケース(ブレスレット)素材。ダイアルの装飾、インデックスの種類など、組み合わせるとその数は数百種にも及ぶもの。現行モデルはケースラグにポリッシュが施され、ブレスレットの構造がリニューアルされ、より実用性が高まったといえるでしょう。


ドラマ『世界一難しい恋』大野智さん着用の腕時計

腕時計

丸みのあるデザインで人気の4桁リファレンスモデル 1016 防水性やショックなど、気を使う面もあり、一手間掛かる年代の時計ですが、逆にそれこそが魅力です。


『お試しかっ!』出演時、小栗旬さん着用の腕時計

腕時計

ドラマ『ラブジェネレーション』木村拓哉さん着用の腕時計

腕時計

「探検家」と名付けられた“エクスプローラーI”。ロレックスのスポーツモデルの中でもシンプルで飽きのこないデザインが特徴で、どんなシーンやスタイルにも合わせやすい人気のモデルです。


ドラマ『月の恋人』木村拓哉さん着用の腕時計

腕時計

ドラマ『安堂ロイド』木村拓哉さん着用の腕時計

腕時計

『いきなり!黄金伝説。』にて木村拓哉さん着用の腕時計

腕時計

『ぷっすま』 草彅剛さん着用の腕時計

腕時計

『ぐるぐるナインティナイン』国分太一さん着用の腕時計

腕時計

2010年のバーゼルワールドで発表された新型“サブマリーナ・デイト”の入荷です。ベゼルはステンレス製からキレイで艶のあるセラクロム(セラミック)に変更され、目盛りはプラチナでコーティングされています。従来のクラスプは工具を使って長さ調節をしていたのに対し、新型クラスプはグライドロッククラスプが装備され、手動で簡単に2mmごと最大20mmまでの調節が可能になりました。様々な状況下で最高のパフォーマンスを発揮するプロダイバーズの登場です。


『応援ドキュメント 明日はどっちだ』渋谷すばるさん着用の腕時計


クロノメーター表記のあるサブマリーナ ノンデイト 5512です。ダイヤルは、所謂「メーターファースト」と呼ばれるタイプで、ブレスレットには93150のハードブレスが装着。雰囲気ある丸みがかったドーム風防にトリチウム夜光のダイヤルインデックスは、ヴィンテージ感を存分に味わえるのではないかと思います。


『24時間テレビ 愛は地球を救う』渋谷すばるさん着用の腕時計

腕時計

3900mもの深海(ディープシー)まで防水を可能にしたプロスペックモデル。  

シードゥエラー(Ref.16600)の後継機種として2008年に誕生。ロレックス初の肉厚なドーム型サファイアガラスに、圧巻のケースボリューム、セラクロム(ブラックセラミック)ベゼル、最新防水システム“リングロックシステム”などロレックスの技術の粋を形にした本格派ダイバーズ仕様の1本です。  

常に時代のニーズに応える形で、潜水時計のスタンダードを作ってきたロレックス。1950年代に、潜水システムを開発し、神とまで言われた、ジャック イブ クストーからの依頼で、サブマリーナーのプロトタイプが完成する。1972年にシードゥエラーが完成し、その後、フランスのコメックス社との共同開発など、数々の名機を残しつつある、ロレックスを代表するモデルの一つに位置づけされています。


TBS『アカデミーナイト』出演時、玉山鉄二さん着用の腕時計

腕時計

2010年のバーゼルワールドで発表された新型“サブマリーナ・デイト”の入荷です。ベゼルはステンレス製からキレイで艶のあるセラクロム(セラミック)に変更され、目盛りはプラチナでコーティングされています。従来のクラスプは工具を使って長さ調節をしていたのに対し、新型クラスプはグライドロッククラスプが装備され、手動で簡単に2mmごと最大20mmまでの調節が可能になりました。様々な状況下で最高のパフォーマンスを発揮するプロダイバーズの登場です。


『ナカイの窓』中居正広さん着用の腕時計

腕時計

『超潜入!リアルスコープハイパー』中島健人さん着用の腕時計

腕時計

2010年のバーゼルワールドで発表された新型“サブマリーナ・デイト”の入荷です。ベゼルはステンレス製からキレイで艶のあるセラクロム(セラミック)に変更され、目盛りはプラチナでコーティングされています。従来のクラスプは工具を使って長さ調節をしていたのに対し、新型クラスプはグライドロッククラスプが装備され、手動で簡単に2mmごと最大20mmまでの調節が可能になりました。様々な状況下で最高のパフォーマンスを発揮するプロダイバーズの登場です。


『とんねるずのみなさんのおかげでした』出演時に長瀬智也さん着用の腕時計

腕時計

「ゴチになります!」出演時に長瀬智也さん着用の腕時計

腕時計

『TBSオールスター感謝祭』長瀬智也さん着用の腕時計

腕時計

「冒険家をサポートする時計」という極めて特殊な使用環境を想定して誕生した「エクスプローラーI」。 その上位機種として1971年に登場した「エクスプローラーII」の「ファーストモデル」に当たるのがこちらの「Ref:1655」です。「エクスプローラーI」には無かった「24時間目盛り付きベゼル」「大型の三角形がシンボルとなった24時間針」が搭載されたのは、「吹雪や密林での山岳」や「洞窟探検」などの際に太陽が視認できない場合でも現在の昼夜を把握するためだと言われます。もちろん、ロレックスならではの「堅牢なオイスターケース」「デイト機能」「リューズガード機構」という基本スペックも充実。 また、極めて精錬されたデザインのために、デイリーユース・ビジネスシーンにも適しており、現在でも非常に人気の高いモデルとなっています。


『キスマイBUSAIKU!?』藤ヶ谷太輔さん着用の腕時計

腕時計

『キスマイBUSAIKU!?』藤ヶ谷太輔さん着用の腕時計

腕時計

『ヒルナンデス!』村上信五さん着用の腕時計

腕時計

 コスモグラフ・デイトナの歴史は1963年、NASAの宇宙開発の幕開けとともに「コスモグラフ」の名を冠して発表されました。またデイトナという愛称はフロリダにあるアメリカ最大最古の歴史をもつデイトナ・スピードウェイというサーキットに由来します。「宇宙」と「モータースポーツ」ふたつの新しい夢の技術、そして時計という伝統技術が結実し世界最高のクロノグラフは生み出されました。

 現行モデルは2000年のバーゼルワールドで発表され、ロレックス初の自社設計クロノグラフムーブメントCal.4130を搭載した事で大変話題となりました。


『関ジャニの仕分け∞』安田章大さん着用の腕時計

腕時計

ロレックスと水中世界との歴史的な絆の象徴である「サブマリーナ」が2010年にリニューアルを果たし、ダイヤルカラーをブラックからグリーンへ変更。サブマリーナの歴史を受け継ぎながらも随所に新しい技術を取り入れ、高級感溢れるデザインと耐久性で確固たる人気を築いています。


『おしゃれイズム』にて山田涼介さん着用の腕時計


日付表示がなく、文字盤の種類も黒文字盤のみ、ケース素材もステンレスのみという究極のシンプルウォッチです。シンプルがゆえにどんな服装にも溶け込み、「ロレックスの中でも最も使いやすい」と評価する声も多いモデルです。


板野友美さんドラマで着用の腕時計

腕時計

新型Ref.179174オイスターパーペチュアル・デイトジャスト。以前のRef.79174の物よりボリュームがプラスされており、バックル部分が統一されたデザインに変更されています。重厚感のあるモデルとなりました。


映画『紙の月』 大島優子さん着用の腕時計


日テレ『トリックハンター』にて北乃きいさん着用の腕時計

腕時計

ロレックスのドレスウォッチで幅広い年齢層に愛されているデイトジャスト。ホワイトゴールドとステンレスのコンビ仕様に10Pダイヤが施され豪華です。人気のコンピューター文字盤でございます。


『ミュージックステーション』出演時 椎名林檎さん着用の腕時計

腕時計

新型Ref.179173オイスターパーペチュアル・デイトジャスト。以前のRef.79173の物よりボリュームがプラスされており、バックル部分が統一されたデザインに変更されています。重厚感のあるモデルとなりました。


『Going! Sports&News』 にて野村忠宏さん【柔道】着用の腕時計

腕時計

言わずもがなのロレックス・スポーツモデルの最上位機種であり最人気機種の“コスモグラフ・デイトナ”。1959年に誕生したデイトナですが、24時間耐久カーレースで有名なデイトナ・インターナショナル・スピードウェイにちなみ命名されました。ロレックス社はこのレースのオフィシャルスポンサーを務め、公式時計も担当しています。


『ダウンタウンDX』出演時、具志堅用高さん【プロボクサー】着用の腕時計

腕時計

1945年に登場したデイトジャスト。12時に日付が瞬時に変わる「デイトジャスト」機構を搭載したロレックスの上級モデルは、現在までにもっとも豊富なバリエーションを誇るモデルといえるでしょう。ケースラグのポリッシュ、ブレスレットの構造がリニューアルされたことで、より実用性が向上しました。


2014年『ウィンブルドン 男子決勝』フェデラー【テニス】腕時計

腕時計

話題の「デイトナ」プラチナモデルです。
詳しい方は『おやっ』と思われたかもしれませんが、こちらはダイヤルをバゲッドダイヤモンドで飾ったモデル。
今までのアイスブルーダイヤルはインダイヤルの外周がブラックでしたが、アイスブルーで統一されています。
傷つきやすいベゼル部分はセラミックで作られており、扱いやすい一本です。


『NEWS 23』出演時、山本浩二さん着用の腕時計

腕時計

デイデイトの3ゴールドモデル トリドール 18239A BIC 。素材にはゴールドもしくはプラチナのみを使用しており唯一フルカレンダーを搭載するデイデイトモデルの、イエロー・ピンク・ホワイトの3つのゴールドを使用した通称『トリドール』と呼ばれるブレスレットを装着した高級感溢れる贅沢なお品物です。


『すぽると』出演時、秋山幸二さん着用の腕時計

腕時計

2011年『巨人 阪神戦』原辰徳監督着用の腕時計

腕時計

1963年に登場したコスモグラフデイトナは防水機能を備えた世界初のクロノグラフとして知られ、世界中で絶大な人気を誇るタイムピース。この40ミリシルバーモデルはタキメーターベゼルとオイスターブレス(3連ブレス)を組み合わせた力強くスポーティな外観と、ホワイトダイヤル爽やかな表情が魅力。クロノメーター認定の自動巻きムーブメント「パーペチュアル」キャリバー4130を搭載した堅牢オイスターケースは絶妙のサイズ感で装着感にも優れます。


2013年『プロ野球クライマックスファイナルステージ』原辰徳監督着用の腕時計

腕時計

20年ぶりにモデルチェンジした新型“エクスプローラーII”の入荷です。前型の16570より2mm大きい42mmケースを採用し、さらに存在感が増しています。ムーブメントは耐磁性ブルーパラクロム・ヘアスプリングを使用したCal.3187クロノメーターを搭載。夜光塗料も従来の倍(8時間)の長時間持続性を持っており、各部が着実な進化を遂げました。


『Going Sports&News』原辰徳監督着用の腕時計

腕時計

コスモグラフ・デイトナの高級感はそのままに、普段のファッションにも取り入れやすい印象的なカラーリングに仕上がった一本!ベゼル部分のブルーのカラーリングがアクセントになっています。また、珍しいレザーのベルトもシックで人気です。1905年に設立された世界的な腕時計メーカー、ROLEX。伝統を保持しつつも、常に革新的なデザインや機能性を与え、世界中の人々に愛されています。そのブランドを象徴するロゴは王冠のマークで、時計界の認知度はまさに王様のようなポジションになっています。


『すぽると』出演時、和田豊さん(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『報道ステーション』にて、栗山英樹さん(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

1963年に登場したコスモグラフデイトナは防水機能を備えた世界初のクロノグラフとして知られ、世界中で絶大な人気を誇るタイムピース。この40ミリシルバーモデルはタキメーターベゼルとオイスターブレス(3連ブレス)を組み合わせた力強くスポーティな外観と、ホワイトダイヤル爽やかな表情が魅力。クロノメーター認定の自動巻きムーブメント「パーペチュアル」キャリバー4130を搭載した堅牢オイスターケースは絶妙のサイズ感で装着感にも優れます。


『所さんの笑ってこらえて!』所ジョージさん着用の腕時計

腕時計

「イナズマ針復刻&グリーンサファイヤ」1950年に初代モデルが発表されて、約30年間で生産終了。その後、2007年にバーゼルにて発表。その際に、イナズマの形をした秒針が、初代ミルガウスを彷彿させることから、非常に人気のあるモデルに位置付けされました。ミルガウスとは、1000ガウス(約8万A/M)を意味し、その字の通り、耐磁ケースになっており、あらゆる磁気から時計を守っています。そして、一流ブランドで多く採用されている、耐磁性のヒゲゼンマイ、ガンギ車を惜しみなく使用していることから、見た目以上の時計に仕上がっております。この商品は、通常のサファイヤクリスタルガラスに、グリーンを配合しており、他の2色と差別化しております。


『所さんの笑ってこらえて!』所ジョージさん着用の腕時計

腕時計

 当時イギリスのエベレスト登山隊のスポンサーをしていたロレックスは1953年に世界初のエベレスト登頂用の装備品として時計を提供。ジョン・ハント卿を隊長とするイギリスの登山隊に同行したニュージーランドの探検家エドムンド・ヒラリー卿とチベット人テンジン・ノルゲイが、史上初めて世界最高峰のエベレスト、標高8848mに到達しました。同年、その歴史的な偉業をたたえて公式に発表したのが探検家用プロフェッショナル・ウォッチ「エクスプローラー」です。
 実際にエベレスト初登頂時にロレックスを着用していたのか、どちらが先に頂上に立ったのかは現在でも謎のままですが、その後エベレスト登頂成功のエピソードを巧みに組み合わせた広告でエクスプローラーの名は世界に知れ渡ります。
 1953年にオリジナルモデルが発表されて以来、エクスプローラー=探検家の意の如く、ロレックスの目指す堅牢性、そしてカレンダーまでも排除することで生み出される抜群の視認性を特徴としたモデルです。


『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞』みのもんた着用の腕時計

腕時計

新型が出てからも変わらず高い人気を誇っているモデルです。シンプルな文字盤で実用性に富む一品。


『ジャンクSPORTS』浜田雅功さん着用の腕時計

腕時計

堅牢性、精度、デザイン。総合的にはやはり他の追随を許さぬブランドと言えるでしょう。特にスポーツモデル系においては1本所有すると他のモデルへの欲求が増幅されるという俗称『ロレ病』に至ることもしばしば。ブルーセラクロム回転ベゼル採用。ロレックス防水技術の象徴、待望の白金無垢「青サブ」ニューモデルです。


2010年 時計雑誌にて松本人志さん愛用の腕時計として紹介

腕時計

『とんねるずのみなさんのおかげでした』木梨憲武さん着用の腕時計

腕時計

1945年に登場したデイトジャスト。12時に日付が瞬時に変わる「デイトジャスト」機構を搭載したロレックスの上級モデルは、現在までにもっとも豊富なバリエーションを誇るモデルといえるでしょう。ケースラグのポリッシュ、ブレスレットの構造がリニューアルされたことで、より実用性が向上しました。


『とんねるずのみなさんのおかげでした』有吉弘行さん購入の腕時計

腕時計

「史上最強ダイバーズ登場」

 3900mもの深海(ディープシー)まで防水を可能にしたプロスペックモデル。

 シードゥエラー(Ref.16600)の後継機種として2008年に誕生。ロレックス初の肉厚なドーム型サファイアガラスに、圧巻のケースボリューム、セラクロム(ブラックセラミック)ベゼル、最新防水システム“リングロックシステム”などロレックスの技術の粋を形にした本格派ダイバーズ仕様の1本です。

 常に時代のニーズに応える形で、潜水時計のスタンダードを作ってきたロレックス。1950年代に、潜水システムを開発し、神とまで言われた、ジャック イブ クストーからの依頼で、サブマリーナーのプロトタイプが完成する。1972年にシードゥエラーが完成し、その後、フランスのコメックス社との共同開発など、数々の名機を残しつつある、ロレックスを代表するモデルの一つに位置づけされています。


『ガキの使いやあらへんで』遠藤章造さん(ココリコ)着用の腕時計

腕時計

『世界ふしぎ発見!』出演時、土田晃之さん着用の腕時計

腕時計

ロレックスの定番クロノグラフとして人気の高い「デイトナ」。

こちらはホワイトゴールド製ケースに、
非常に希少性の高いメテオライト(隕石)ダイアルを
組み合わせたモデルで、圧倒的な存在感。

ブラックのレザーベルトが全体を引き締めます。


テレビ東京『そうだ旅(どっか)に行こう。』土田晃之さん着用の腕時計

腕時計

『くりぃむナントカ 芸能界敏感選手権』土田晃之さん着用の腕時計

腕時計

クロノグラフの最高峰ムーブメントとして名高い“エル・プリメロ”をベースに改良されたCal.4030を搭載した先代デイトナのRef.16520。
後継機のRef.116520が発表されてからもファンの間で根強い人気を誇るモデルです。


『ダウンタウンDX』出演時、藤本敏史さん(FUJIWARA)着用の腕時計

腕時計

1945年に登場したデイトジャスト。12時に日付が瞬時に変わる「デイトジャスト」機構を搭載したロレックスの上級モデルは、現在までにもっとも豊富なバリエーションを誇るモデルといえるでしょう。オーソドックスなステンレススティール、18Kホワイトゴールドベゼルモデル、ピンクゴールド、イエローゴールドとのコンビモデル、オールゴールドのケース(ブレスレット)素材。ダイアルの装飾、インデックスの種類など、組み合わせるとその数は数百種にも及ぶもの。現行モデルはケースラグにポリッシュが施され、ブレスレットの構造がリニューアルされ、より実用性が高まったといえるでしょう。


『ダウンタウンDX』出演時、藤原一裕さん(ライセンス)着用の腕時計

腕時計

ジェット機時代到来の1955年、航空会社の国際線パイロットの要望に応えて2ヵ国の時刻がひと目でわかるGMTマスターを開発。その進化形として1983年に誕生したのが第3時間帯(短針を単独可動できる)まで把握できるGMTマスターII。この40ミリモデルは拡大鏡付き日付窓を備えたダイヤルと24時間計セラミックベゼルをブラックでまとめた精悍な表情に、24時間針のグリーン映える仕上げが魅力。クロノメーター認定自動巻きムーブメント「パーペチュアル」キャリバー3186を搭載し、世界中を飛び回るビジネスマンに最適です。


『ワケあり!レッドゾーン』藤原一裕さん(ライセンス)着用の腕時計

腕時計

 現行モデルは2000年のバーゼルワールドで発表され、ロレックス初の自社設計クロノグラフムーブメントCal.4130を搭載した事で大変話題となりました。

 デイトナはスポーツモデルであると同時に、そのステイタス性の高さも特徴のモデルです。ステンレスモデルの他にもコンビネーションモデル、金無垢モデル、そして様々な宝石輝石をあしらった宝飾性の高いモデルを多岐に渡りラインナップしています。最高のスポーツクロノグラフでありながら、最上のドレスウォッチにもなり得る特別なモデルと言えます。


『とんねるずのみなさんのおかげでした』出演時、日村勇紀さん(バナナマン)購入の腕時計

腕時計

クロノグラフの定番人気モデルがロレックス・コスモグラフ デイトナです。視認に優れた3カウンターのクロノグラフは、スモールセコンド、30分計、12時間計を備えます。心臓部にはクロノメーター検定をパスしたロレックス自社製自動巻きクロノグラフムーブメント・4130を搭載。こちらのステンレススチールと18Kイエローゴールドのコンビモデルは落ち着いた雰囲気を与えてくれます。


『Youは何しに日本へ?』日村勇紀さん(バナナマン)着用の腕時計

腕時計

ロレックスのラインナップの中で最上級に位置するのがデイデイトです。素材はゴールドもしくはプラチナ素材のみというラインナップで、ロレックスで唯一フルカレンダー表示を搭載するモデルとなります。ムーブメントは専用のCal.3155のクロノメーター仕様で確かな精度を誇ります。2000年に新型に切り替わり、クラシカルなドーム型のベゼル(ポリッシュベゼル仕様のみ)を採用。ベゼル、ダイアル、ブレスレットなどに宝飾が施されたジュエリーモデルも数多くラインナップしているのも特徴です。


『お試しかっ!』出演時、宮川大輔さん着用の腕時計

腕時計

時針、GMT針、ベゼルの容易な操作で3つの時間帯を同時に確認できる本モデルは、航空機のパイロットや世界を旅するジェットセッターから高い人気を誇ります。ムーブメントには毎時28,800振動を誇るCOSC認定自動巻きムーブメント・Cal.3185を搭載。手元を引き締めるスタイリッシュなデザインは、カジュアルからフォーマルまで幅広くご使用頂けます。


『めちゃ×2イケてるッ!』矢部浩之さん(ナインティナイン)着用の腕時計

腕時計

2010年のバーゼル・ワールドにて登場したサブマリーナデイト。高級感と耐久性が与えられたグリーンのセラミック製回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングしたこだわりの仕様となっています。ブレスレットにはグライドロッククラスプが装着されることで、手軽にブレスレットのサイズが調整できるようになりました。文字盤にセッティングされる、ドットのインデックスには青白い発光をするクロマライト夜光塗料を採用。ムーブメントには新世代ロレックスが採用しているパラクロムヒゲゼンマイが搭載されています。ベゼル、ダイアルまでグリーンでカラーリングされた特別なサブマリーナです。


『ゴッドタン』矢作兼さん(おぎやはぎ)着用の腕時計

腕時計

ロレックスを代表する人気モデルがロレックス・コスモグラフ デイトナです。現在のロレックスがラインナップするコレクションの中で、唯一クロノグラフ機構を採用した、スポーツモデルのフラッグシップです。搭載されている自動巻きクロノメーター・ムーブメント(Cal.4130)は、ロレックス社が完全自社開発を行ったものとなります。パワーリザーブ機構が52時間から72時間へと飛躍的に向上し、リューズを引くと秒針がストップする、ハック機構が採用されました。夜光インデックスの拡大など実用を重視しつつも、オイスターロック・ブレスレットに見られるクオリティアップなど、ディテールは大幅に手が入れられています。


『ゴッドタン』矢作兼さん(おぎやはぎ)着用の腕時計

腕時計

20年ぶりにモデルチェンジした新型“エクスプローラーII”の入荷です。前型の16570より2mm大きい42mmケースを採用し、さらに存在感が増しています。ムーブメントは耐磁性ブルーパラクロム・ヘアスプリングを使用したCal.3187クロノメーターを搭載。夜光塗料も従来の倍(8時間)の長時間持続性を持っており、各部が着実な進化を遂げました。


フジテレビ『うまズキッ!』矢作兼さん(おぎやはぎ)着用の腕時計

腕時計

2005年バーゼルワールドにて登場したのが、ロレックス・GMTマスターIIです。搭載されている自社製ムーブメントには、ロレックスが5年間を費やして開発したパラクロム・ヒゲゼンマイを採用した、キャリバー3186となります。高級感と耐久性が与えられたセラミック製の回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングしたこだわりの仕様。2013年バーゼルワールドでベゼルのカラーが黒/青仕様が登場しました。


雑誌『MENS CLUB』掲載 レイザーラモンHG 私物の腕時計

腕時計

スタンダードモデルとして性別を問わずにご愛用いただける『エアキング』視認性の高い文字盤は、シンプルながらロレックスの風格を存分に感じられます。


テレビ朝日『さきっちょ☆』渡部建さん(アンジャッシュ)着用の腕時計

腕時計

『とんねるずのみなさんのおかげでした』本田朋子アナ着用の腕時計

腕時計

ケース、ブレスレット共にステンレススティールを使用していますが、旧型(79160)と比べ、全体的に丸みを帯び、高級感が高まりました。また旧型との大きな違いとしては、“デイト”から“デイトジャスト”へと機能的な変更もあげられます。文字盤の色は新色のピンク文字盤で、以前までのピンクと比べ、薄い色になっています。とてもきれいな色です。


TBS『サンデージャポン』青木裕子アナ着用の腕時計

腕時計

ケース、ブレスレット共にステンレススティールを使用していますが、旧型(78240)と比べ、全体的に丸みを帯び、高級感が高まりました。ブレスレットのバックル部分が改良されており、ブレスレットの中央部分は鏡面仕上げになっております。こちらの商品はレディースとメンズの中間サイズの時計です。


NHK『ニュースウオッチ9』鈴木奈穂子アナ着用の腕時計

腕時計

2007年誕生モデルです。こちらは以前のモデル(76080)がモデルチェンジしました。バックル部分が新しく改良されており、ムーブメントもクロノメーターをパスしております。シルバー文字盤にブルーのインデックスを採用した配色も特徴です。


『24 TWENTY FOUR シーズン1』ジャック・バウアー着用の腕時計

腕時計

映画『オーシャンズ13』 ラスティ・ライアン役 ブラッド・ピットの腕時計

腕時計

1955年にパンナム航空の依頼を受け開発されたパイロットウォッチ「GMTマスター」。
ロレックス唯一のパイロットウォッチとして進化を続けてきましたが、その最新モデルがこの「116710」です。
前モデルで退色しやすかったベゼルをセラミック製に変更。
経年変化に強くなっただけではなく、傷が付きにくくなったのもうれしい改良点です。
ムーブメントも含めた強靭性はロレックスならではのもの。


映画『ナイト&デイ』 ジューン・ヘブンズ役 キャメロン・ディアスの腕時計

腕時計

*劇中で使用しているのはメンズの腕時計です。サイズが小さめなので気にせず着用したと思われます。

2010年のバーゼル・ワールドにて登場したサブマリーナデイト。高級感と耐久性が与えられたセラミック製の回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングしたこだわりの仕様となっています。ブレスレットにはグライドロッククラスプが装着されることで、手軽にブレスレットのサイズが調整できるようになりました。文字盤にセッティングされる、ドットのインデックスには青白い発光をするクロマライト夜光塗料を採用。ムーブメントには新世代ロレックスが採用しているパラクロムヒゲゼンマイが搭載されています。


たかし(トレンディエンジェル)愛用の腕時計


18Kピンクゴールドにプラチナを少量混ぜたロレックス独自のエバーローズゴールドとおなじみの904Lスティールとのコンビネーションモデルとして、2011年に発表されました。
鮮やかなブルーのベゼルに爽やかなホワイト文字盤、そしてロレックスのスポーツモデルとしては初となるピンクゴールドとのコンビの配色のバランスは秀逸。
豪華さだけではなく洗練された印象のロレックスらしい1本です。


ゲンキング(GENKING)愛用の腕時計

腕時計

クロノグラフの定番人気モデルがロレックス・コスモグラフ デイトナです。視認に優れた3カウンターのクロノグラフは、スモールセコンド、30分計、12時間計を備えます。心臓部にはクロノメーター検定をパスしたロレックス自社製自動巻きクロノグラフムーブメント・4130を搭載。こちらのステンレススチールと18Kイエローゴールドのコンビモデルは落ち着いた雰囲気を与えてくれます。


梅沢富美男さん、ゲンキング(GENKING)愛用の腕時計

腕時計

クロノグラフの定番人気モデルがロレックス・コスモグラフ デイトナです。視認に優れた3カウンターのクロノグラフは、スモールセコンド、30分計、12時間計を備えます。心臓部にはクロノメーター検定をパスしたロレックス自社製自動巻きクロノグラフムーブメント・4130を搭載。エバーローズゴールドはロレックスが独自で開発した合金で、ラグジュアリーな雰囲気を演出。


伊藤英明さん愛用の腕時計

腕時計

マイナーチェンジが行われたRef.214270、「エクスプローラー」が入荷致しました。
アラビアインデックスの3・6・9にも青色発光するクロマライト夜光が塗布されました。
さらに、時分針にも変更が加えられ、これまでよりも長く太い針になりました。
ムーブメントには引き続きパラクロムヘアスプリングとパラフレックス ショックアブソーバーを装備したキャリバー3132を搭載しており、磁気や衝撃に対して優れた耐性を発揮します。


哀川翔さん、武田真治さん愛用の腕時計

腕時計

あらゆるダイバーズウォッチのアイコン的な存在であり続ける「サブマリーナーデイト」。
キズに強く紫外線の影響に因る退色も起こさないセラクロムベゼルを装備します。
また、簡単に最大21mmまで延長することができるグライドロッククラスプなどの新機能も採用されています。
こちらはイエローロレゾールと呼ばれるイエローゴールドとステンレスを組み合せた華やかなダイバーウォッチです。


村上信五(関ジャニ∞)、栗山英樹【プロ野球】、原辰徳【プロ野球】、たむらけんじ、ディエゴ・マラドーナ【サッカー】、大貫亜美(PUFFY)、城彰二【サッカー】、池田勇太【プロゴルファー】、MATSU(EXILE) 愛用の腕時計

腕時計

1963年に登場したコスモグラフデイトナは防水機能を備えた世界初のクロノグラフとして知られ、世界中で絶大な人気を誇るタイムピース。この40ミリシルバーモデルはタキメーターベゼルとオイスターブレス(3連ブレス)を組み合わせた力強くスポーティな外観と、ホワイトダイヤル爽やかな表情が魅力。クロノメーター認定の自動巻きムーブメント「パーペチュアル」キャリバー4130を搭載した堅牢オイスターケースは絶妙のサイズ感で装着感にも優れます。


川崎麻世さん愛用、三浦大輔さん(プロ野球)150勝記念としてチームメイトからプレゼントされた腕時計


生産完了モデル 旧型エクスプローラーII 16570 ブラック文字盤
24時間で一周する赤いGMT針がアクセントになり、短針単独機能により2カ国の時刻も表記出来ます。


スティーブン・タイラー(エアロスミス)、スギちゃん、京本政樹 愛用の腕時計

腕時計

キング・オブ・クロノグラフ"の称号に相応しい、圧倒的な人気を誇るのが、このコスモグラフデイトナ。自社開発の自動巻きクロノグラフクロノメータームーブメント"Cal.4130"は前型の"Ref.16520"に搭載されていた"Cal.4130"に比べ、パワーリザーブが52時間から72時間へと大幅にアップしている。またハック機能が搭載され、正確な時刻調整が可能となった。振動数は変わらず毎時2万8800となる。ムーブメントが変更されたことで、インダイアルの配置が変更され、6時位置の12時間計と9時位置の60秒計が入れ替わった。


草彅剛さん、小泉孝太郎さん 愛用の腕時計

腕時計

堅牢性と機能性を高めたエクスプローラーIの上位機種「エクスプローラーII」
1991年から2011年頃まで生産された超ロングセラーモデル「16570」
大型化された新型「216570」発表後も完成されたスタイルで人気が衰えないモデルです。
GMT機構を搭載した機能性とスポーティーなデザインが高い次元で融合した1本です。


デビット・ベッカム(サッカー)、有吉弘行、関根勤 愛用の腕時計

腕時計

「史上最強ダイバーズ登場」

 3900mもの深海(ディープシー)まで防水を可能にしたプロスペックモデル。

 シードゥエラー(Ref.16600)の後継機種として2008年に誕生。ロレックス初の肉厚なドーム型サファイアガラスに、圧巻のケースボリューム、セラクロム(ブラックセラミック)ベゼル、最新防水システム“リングロックシステム”などロレックスの技術の粋を形にした本格派ダイバーズ仕様の1本です。

 常に時代のニーズに応える形で、潜水時計のスタンダードを作ってきたロレックス。1950年代に、潜水システムを開発し、神とまで言われた、ジャック イブ クストーからの依頼で、サブマリーナーのプロトタイプが完成する。1972年にシードゥエラーが完成し、その後、フランスのコメックス社との共同開発など、数々の名機を残しつつある、ロレックスを代表するモデルの一つに位置づけされています。


宮本恒靖さん【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

2010年のバーゼル・ワールドにて登場したサブマリーナデイト。高級感と耐久性が与えられたグリーンのセラミック製回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングしたこだわりの仕様となっています。ブレスレットにはグライドロッククラスプが装着されることで、手軽にブレスレットのサイズが調整できるようになりました。文字盤にセッティングされる、ドットのインデックスには青白い発光をするクロマライト夜光塗料を採用。ムーブメントには新世代ロレックスが採用しているパラクロムヒゲゼンマイが搭載されています。ベゼル、ダイアルまでグリーンでカラーリングされた特別なサブマリーナです。


『関ジャニ∞のジャニ勉』で、大倉忠義さん(関ジャニ∞)着用の腕時計

腕時計

クロノグラフの定番人気モデルがロレックス・コスモグラフ デイトナです。視認に優れた3カウンターのクロノグラフは、スモールセコンド、30分計、12時間計を備えます。心臓部にはクロノメーター検定をパスしたロレックス自社製自動巻きクロノグラフムーブメント・4130を搭載。こちらのオールホワイトゴールドケースはスポーティな雰囲気と最上級のステータスを演出してくれるモデルです。


NHK『ROAD TO 紅白 』で、藤森慎吾さん(オリエンタルラジオ)着用の腕時計

腕時計

2005年バーゼルワールドにて登場したのが、ロレックス・GMTマスターIIです。搭載されている自社製ムーブメントには、ロレックスが5年間を費やして開発したパラクロム・ヒゲゼンマイを採用しました。高級感と耐久性が与えられたセラミック製の回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングしたこだわりの仕様となっています。


『THEレジェンド総勢24人メダリスト大集合』亀梨和也さん(KAT-TUN)着用の腕時計

腕時計

2010年のバーゼル・ワールドにて登場したサブマリーナデイト。高級感と耐久性が与えられたセラミック製の回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングしたこだわりの仕様となっています。ブレスレットにはグライドロッククラスプが装着されることで、手軽にブレスレットのサイズが調整できるようになりました。文字盤にセッティングされる、ドットのインデックスには青白い発光をするクロマライト夜光塗料を採用。ムーブメントには新世代ロレックスが採用しているパラクロムヒゲゼンマイが搭載されています。


ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』で、平岳大さん着用の腕時計

腕時計

20年ぶりにモデルチェンジを果たした、エクスプローラーII 216570。前型の16570に比べて、2ミリ大きくなったケースは厚みも増したことで、頑強なイメージがより強調されたといえます。ムーブメントは耐磁性能に優れた、ロレックス独自のパラクロム・ヒゲゼンマイを備えた、キャリバー3187クロノメーターで、安定した精度を誇るもの。オイスターブレスレットのバックル部分においてもリニューアルされており、高級感がプラスされました。ファーストモデルを彷彿とさせるオレンジカラーの24時間針がポイントのエクスプローラーII 216570です。


『ぴったんこカンカン』で、岩田剛典さん着用の腕時計


1963年に登場したコスモグラフデイトナは防水機能を備えた世界初のクロノグラフとして知られ、世界中で絶大な人気を誇るタイムピース。この40ミリモデルはシルバーのインダイヤル映える精悍ブラックダイヤルに、タキメーターベゼルとオイスターブレス(3連ブレス)を組み合わせた力強くスポーティなデザインが魅力。防水性に優れた堅牢「オイスターケース」に高精度クロノメーター認定自動巻きムーブメント「パーペチュアル」を搭載し、末永く愛用していただけます。


ドラマ『好きな人がいること』で、三浦翔平さん着用の腕時計


1963年に登場したコスモグラフデイトナは防水機能を備えた世界初のクロノグラフとして知られ、世界中で絶大な人気を誇るタイムピース。この40ミリシルバーモデルはタキメーターベゼルとオイスターブレス(3連ブレス)を組み合わせた力強くスポーティな外観と、ホワイトダイヤル爽やかな表情が魅力。クロノメーター認定の自動巻きムーブメント「パーペチュアル」キャリバー4130を搭載した堅牢オイスターケースは絶妙のサイズ感で装着感にも優れます。


ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』で、竹野内豊さん着用の腕時計

腕時計

トリチウム夜光の焼けも均一で、旧タイプのカレンダー盤ともバランスの取れた、ヴィンテージモデルらしい雰囲気を味わえる逸品です。搭載ムーブメントは自動巻きCal.1570。ブレスレットには78360FF580が装着されています。


『ウイニング競馬』で、武豊さん着用の腕時計

腕時計

2013年新作 ロレックスでは初のプラチナ製クロノグラフ ケース、ブレスレットともにプラチナ製 ブラウンカラーのモノブロック セラクロムベゼル アイスブルー文字盤


ドラマ『A LIFE~愛しき人~』で、松山ケンイチさん着用の腕時計

腕時計

機能性と堅牢性を高めたエクスプローラーI の上位機種「エクスプローラーII」。24時間表示を可能としたアドベンチャー・ウォッチとして開発されたが、2代目より第2時間帯を同時に表示可能なGMT機構を搭載し、スマートなデザインに変更されたことからビジネスツールとして人気が上昇。


映画『新宿スワン2』で、伊勢谷友介さん着用の腕時計

腕時計

ロレックスを代表するダイバーズシリーズ「サブマリーナ」。1950年代の誕生以来、ブラッシュアップを繰り返しながら愛され続けています。日付表示の有無で種類がありますが、こちらは“日付あり”のタイプです。その中でもこちらは、1989~2010年に製造されたかつての定番モデルRef.16610。前モデルよりムーブメントがアップデートされており、より高い信頼性をもつCal.3135を搭載しています。日本の時計人気は1990年代から拡大しますので、この年代に活躍したこの16610こそが、多くの方がイメージする従来の「ロレックスのサブマリーナ」です。ロングセラーモデルであるため、一点ごとに仕様差や個体差がある点も魅力のひとつです。プライベートでもビジネスでも活躍する万能ウォッチとして、本当におすすめできるモデルです。


『関ジャニ∞のジャニ勉 いただきジャーニー世界メシ』で、藤井流星さん(ジャニーズWEST)着用の腕時計

腕時計

1963年に登場したコスモグラフデイトナは防水機能を備えた世界初のクロノグラフとして知られ、世界中で絶大な人気を誇るタイムピース。この40ミリモデルはシルバーのインダイヤル映える精悍ブラックダイヤルに、タキメーターベゼルとオイスターブレス(3連ブレス)を組み合わせた力強くスポーティなデザインが魅力。防水性に優れた堅牢「オイスターケース」に高精度クロノメーター認定自動巻きムーブメント「パーペチュアル」を搭載し、末永く愛用していただけます。


『ダウンタウンDX 2014年お騒がせスター祭 歳末㊙ネタ放出セール スターの私服のコーナー』で、安田美沙子さん着用の腕時計

腕時計

新型のデイトジャストに新たな文字盤が登場しました。こちらはピンク色の文字盤ですが、今までのピンク文字盤とは違い以前までのオレンジがかったような濃いピンク色から薄いピンク色になっています。肌の色に近く落ち着きのある色ですので、今後人気が高まりそうなモデルです。


『シューイチ』で、渡辺直美さん着用の腕時計

腕時計

クロノグラフの定番人気モデルがロレックス・コスモグラフ デイトナです。視認に優れた3カウンターのクロノグラフは、スモールセコンド、30分計、12時間計を備えます。心臓部にはクロノメーター検定をパスしたロレックス自社製自動巻きクロノグラフムーブメント・4130を搭載。エバーローズゴールドはロレックスが独自で開発した合金で、ラグジュアリーな雰囲気を演出してくれます。


『嵐にしやがれ! 櫻井翔 ハワイの自由時間に密着!』で、櫻井翔さん着用の腕時計

腕時計

『まさかのタメ年トークバラエティー!ビックラコイタ箱 タメ年トーク1977年生まれ 須藤元気さん・佐藤藍子さん・川上直子さん』で、須藤元気さん着用の腕時計

腕時計

 3900mもの深海(ディープシー)まで防水を可能にしたプロスペックモデル。

 シードゥエラー(Ref.16600)の後継機種として2008年に誕生。ロレックス初の肉厚なドーム型サファイアガラスに、圧巻のケースボリューム、セラクロム(ブラックセラミック)ベゼル、最新防水システム“リングロックシステム”などロレックスの技術の粋を形にした本格派ダイバーズ仕様の1本です。

 常に時代のニーズに応える形で、潜水時計のスタンダードを作ってきたロレックス。1950年代に、潜水システムを開発し、神とまで言われた、ジャック イブ クストーからの依頼で、サブマリーナーのプロトタイプが完成する。1972年にシードゥエラーが完成し、その後、フランスのコメックス社との共同開発など、数々の名機を残しつつある、ロレックスを代表するモデルの一つに位置づけされています。


『鶴瓶の家族に乾杯「佐藤健 佐賀県大津市」』で、佐藤健さん着用の腕時計

腕時計

『嵐にしやがれ 歴女 杏と嵐が新撰組SP』で、松本潤さん着用の腕時計

腕時計

1970年より登場したデイトナ第3世代となるRef.6265。
歴代のデイトナの中でも最も人気が高く、手巻きデイトナとしては最終型となる。

ムーブメントは、バルジュー社製のクロノグラフ手巻きムーブメントCal.72をベースにロレックスが改良を加えたCal.727が搭載されている。テンプのテンワ部分を小型化することにより、もともと毎秒5振動だった振動数を毎秒6振動(毎時21,600振動)まで上げ、精度を高めている。また、当時最新となる耐震装置のキフ・ウルトラフレックス機構を採用したことにより衝撃にも強い構造となっており、手巻きクロノムーブ最高傑作と称される。


『秘密のケンミンSHOW』内の連続転勤ドラマ 辞令は突然に...「大分県」で、竹内力さん着用の腕時計

腕時計

ロレックスを代表する人気モデル『ロレックス・コスモグラフ デイトナ(116520)』
現在のロレックスで唯一クロノグラフ機構を採用した、スポーツモデルのフラグシップです!
こちらはスタイリッシュなホワイトフェイスのステンレスモデル。
白の文字盤に映える赤い“DAYTONA”の表記と、インダイアルのシルバーの縁取りが適度なアクセントとなっており、クロノグラフの王者たる風格を感じさせる逸品です


『テラスハウス』で、登坂広臣さん(三代目 J Soul Brothers)着用の腕時計

腕時計

言わずもがなのロレックス・スポーツモデルの最上位機種であり最人気機種の“コスモグラフ・デイトナ”。1959年に誕生したデイトナですが、24時間耐久カーレースで有名なデイトナ・インターナショナル・スピードウェイにちなみ命名されました。ロレックス社はこのレースのオフィシャルスポンサーを務め、公式時計も担当しています。