ラコ LACO


ドラマ『偽装の夫婦』沢村一樹さん着用の腕時計

腕時計

ラコという名称は、「Lacher&Co.」の頭文字をとって「LACO」としたことに由来しています。ドイツのフォルツハイムで、フリーダ・ラッハー(Frieda Lacher)とルードヴィヒ・フンメル(Ludwig Hummel)によって、1925年に創業されました。1940年代に、精密時計のメーカーとして着実に成長を遂げたラコは、その当時、伝説的ともいえるパイロットウォッチとオブザベーションウォッチを製造していました。このどちらのモデルも、22リーニュ(直径 約50mm)のドゥローヴ(DOROWE)ブリッジムーブメントをクロノメーターの精度にまで極めたものが採用されていました。ドイツ空軍のパイロットウォッチを製造・納入していたことはラコの高品質と高精度の証です。究極の精度が求められるパイロットウォッチの製造だけでなく、ラコは手巻き時計の製造販売でも成功を収めており、1952年からは自動巻の時計も手がけるようになりました。この時代のバラエティに富んだモデルに、ラコブランドのコレクターやファンたちは今日でも強く魅了されています。

1970年代のダイバーズウォッチに見られたケースフォルムに範を得たスクワードシリーズです。べゼルの数字がカウントダウン方式となっているのは、かつてヨット向けに制作されたネイビーウォッチからの影響です。


ドラマ『結婚式の前日に』鈴木亮平さん着用の腕時計

腕時計

ドラマ『ヒガンバナ』DAIGOさん着用の腕時計

腕時計

◇Tokio トウキョウ
ラコ製品の代名詞ともいえるパイロットウォッチは、特化した使⽤目的のために製作されていたため、デザインも独特の様相を呈しています。⽂字盤の上下をすばやく認識できるように印字された 12 時位置の三角形のマーク。パイロットが分厚い手袋をはずさなくても操作できるように工夫された大きなオニオン型のリュウズ。夜間⾶⾏時にも耐えうる針やインデックスのルミノス加工。いくつ かのナビゲーションウォッチモデルには、航法計測機器に分類される「FL23883」という当時の機密記号がケースに刻印されています。 さらには、服の上からでも時計を着脱できるオーバージャケットストラップに、頑丈なリベットつきのレザーベルト。こういった外装品にも独特なデザインの仕様がみられます。当時のデザインを そのままに残すことは、20 世紀の記憶を次世代へ引き継いでいくことへとつながります。


ドラマ『家族ノカタチ』千葉雄大さん着用の腕時計

腕時計

ドイツのパイロットウォッチブランドとして有名なLACO(ラコ)。
このモデルは、クラシックなデザインのドイツ系パイロットウォッチがベース。
ケースがブラックPVDで塗装され、文字盤カラーは少しクリームがかっており、レトロ感満載のパイロットウォッチです。
ミリタリージャケットにはもちろんのこと、革ジャン、スーツ等にもよく似合います。
シンプルな3針で、余分な機能がないので、ゴジャゴジャした腕時計がお好みでない方にお勧めです。


ドラマ『そして誰もいなくなった』藤原竜也さん着用の腕時計

腕時計

ドイツ伝統のパイロットウォッチメーカー「ラコ」の人気モデル。
ドラマ「そして、誰もいなくなった」で主人公の藤堂新一 が着用。


ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』で、桐山照史さん(ジャニーズWEST)着用の腕時計

腕時計

90年近くにおよぶ「時計」という、ものづくり。
Laco(ラコ)は1925年、フリーダ・ラッハー(FRIEDA LACHER)とルードヴィッヒ・フンメル(LUDWIG HUMMEL)によって創業されました。
1940年代に、精密時計のメーカーとして着実に成長を遂げたラコは、その当時、伝説的ともいえるパイロットウォッチとオブザベーションウォッチを製造していました。


ドラマ『家を売る オンナ』で、工藤阿須加さん着用の腕時計

腕時計

LACOの歴史は古く、パイロットデッキウオッチ(天測時計)FL232883の開発により、1940年代初頭にはその後の伝統となるような高い評価を確立していました。1927年の創業から現在に至るまで、時計作りの高い能力と「Made In Germany」というブランド力がLacoイメージの真髄です。
ラコの代名詞的デザインといえば、1940年代に製造されたアヴィエーションウォッチですが、そこから現在の流行や最先端の技術を取り入れて常に製品も進化を続けています。このクロノグラフウォッチは、ラコの進化を象徴するデイリーユースに最適な一本です。


ドラマ『北風と太陽の法廷』で、岡田将生さん着用の腕時計


「ラコ」は、1925年にドイツ南部のフォルツハイムで、フリーダ・ラッハーとルードヴィヒ・フンメルによって創業されました。ラコという名称は「Lacher&Co.」という創業社名の頭文字からの「Laco」に由来しています。ラコ製品の代名詞的存在といえば、ドイツ空軍へ納入された実績のあるパイロット系ミリタリーウォッチですが、今では、バウハウスの流れを汲んだモダンで機能的なモデルや、1950年代のヴィンテージ感覚を取り入れたデザインのシリーズなど、あらゆる人々に時計をもつ喜びを実感していただけるよう幅広い新製品の開発にも注力しています。


ドラマ『奪い愛、冬』で、大谷亮平さん着用の腕時計


ドイツ空軍で使用された信頼性。
世界中の時計ファンに愛され、日本でも人気急上昇中の腕時計・LACO(ラコ)。


ドラマ『ボク、運命の人です。』で、満島真之介さん着用の腕時計

腕時計

ラコという名称は、「Lacher&Co.」の頭文字をとって「LACO」としたことに由来しています。ドイツのフォルツハイムで、フリーダ・ラッハー(Frieda Lacher)とルードヴィヒ・フンメル(Ludwig Hummel)によって、1925年に創業されました。1940年代に、精密時計のメーカーとして着実に成長を遂げたラコは、その当時、伝説的ともいえるパイロットウォッチとオブザベーションウォッチを製造していました。このどちらのモデルも、22リーニュ(直径 約50mm)のドゥローヴ(DOROWE)ブリッジムーブメントをクロノメーターの精度にまで極めたものが採用されていました。ドイツ空軍のパイロットウォッチを製造・納入していたことはラコの高品質と高精度の証です。究極の精度が求められるパイロットウォッチの製造だけでなく、ラコは手巻き時計の製造販売でも成功を収めており、1952年からは自動巻の時計も手がけるようになりました。この時代のバラエティに富んだモデルに、ラコブランドのコレクターやファンたちは今日でも強く魅了されています。


ドラマ 『帰ってきた家売るオンナ』で、工藤阿須加さん着用の腕時計

腕時計

Laco(ラコ)の時計 クラシック 861859は、爽やかなホワイトダイアルにブラッシュ仕上げが施された40ミリのステンレスケースとブラックレザーベルトの組み合わせです。アラビアンインデックスとデイトカレンダーのみのシンプルなデザインに、ブルーの時間針がアクセントとなって爽やかな印象を与えてくれます。手巻きモデルのアナログな魅力とクラシカルでシンプルなデザインがマッチし、腕元を大人の雰囲気に仕上げてくれます。