アスリート 100万円以上 ①


『火曜サプライズ』にて吉田沙保里さん着用の腕時計

腕時計

ウブロは1980年に、スイスにて創業。フランス語で船の側面の「舷窓」を意味とし、デザイン アイデンティティーにも、それに準じるものを採用しています。斬新なデザインをいち早く取り入れることでも知られ、ラバーストラップモデルも早いうちに投入しています。こちらのモデルは、ビッグバンとしては初めてのクォーツムーブメントを搭載したレディースラインです。大きな38ミリのケースに取り巻かれたベゼルダイヤは、とても存在感のあるデザインです。


『Going! Sports&News』 にて野村忠宏さん【柔道】着用の腕時計

腕時計

言わずもがなのロレックス・スポーツモデルの最上位機種であり最人気機種の“コスモグラフ・デイトナ”。1959年に誕生したデイトナですが、24時間耐久カーレースで有名なデイトナ・インターナショナル・スピードウェイにちなみ命名されました。ロレックス社はこのレースのオフィシャルスポンサーを務め、公式時計も担当しています。


『めちゃめちゃイケてるッ!』にて高田延彦さん【プロレス】着用の腕時計

腕時計

天才時計技師ジュール-ルイ・オーデマとエドワール-オーギュスト・ピゲにより高級時計産業が盛んなスイスのジュウ渓谷に作られた「オーデマ ピゲ」ロイヤルオークは発売と同時に大きな成功を収めるシリーズで、イギリス海軍の戦艦「ロイヤルオーク」をモチーフにした8角形のベゼルに見えるネジはベゼル・ケース・特殊防水ガスケット・バックケースのすべてを貫通して固定!スポーティー過ぎない、さらりと付けられる洗練されたタイムピースです。


『ジョプチューン』出演時、白鵬【大相撲】着用の腕時計

腕時計

『SMAP×SMAP』出演時、琴奨菊【大相撲】着用の腕時計

腕時計

メンズライン”カリブル・ドゥ・カルティエ”から登場したカルティエ初のダイバーズウォッチ
ADLC(アモルファスダイヤモンド Amorphous Diamond Like Carbon ) コーティング仕様の
ブラックコーティングがケースとベゼルとバックルに施され、ピンクゴールドケースと組み合わされています
逆回転防止ベゼル、300m防水性能、スーパールミノバ夜光インデックスなど国際規格ISO6425の高い機能性とスポーティーで力強く美しいデザインが融合した本格的なダイバーズウォッチです。


2014年『ウィンブルドン 男子決勝』フェデラー【テニス】腕時計

腕時計

話題の「デイトナ」プラチナモデルです。
詳しい方は『おやっ』と思われたかもしれませんが、こちらはダイヤルをバゲッドダイヤモンドで飾ったモデル。
今までのアイスブルーダイヤルはインダイヤルの外周がブラックでしたが、アイスブルーで統一されています。
傷つきやすいベゼル部分はセラミックで作られており、扱いやすい一本です。


『すぽると』出演時 田中将大(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『S☆1』出演時 田中将大(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『S☆1』出演時 田中将大(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『S☆1』出演時 田中将大(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

全く新しいトノーケースを備えた「スピリットオブビッグバン」。
従来のビッグバンシリーズと意匠は異なりますが、「スピリットオブビッグバン」の名前が示すように、その魂は受け継がれています。
ムーブメントにはウブロとゼニスがコラボレートして作られた“HUB4700”を搭載。
名機エル・プリメロをベースに新しいデザインを作り上げました。


『めざましテレビ』にて、岩隈久志(プロ野球) 愛用の腕時計

腕時計

ウブロ(HUBUROT) 創業は1980年。シンプル&エレガントで常識にとらわれないアイデアは時計ファンをうならせ、ファン層を拡大。愛用者には世界で活躍するアスリートやビジネスリーダー、セレブリティーなど著名人が多く、’成功者の時計’とも呼ばれています。


『S☆1』出演時、上原浩治(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『S☆1』出演時、川崎宗則(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

雲上三大時計ブランドの一角「ヴァシュロンコンスタンタン」の代表モデル「オーヴァーシーズ」。


『ひみつの嵐ちゃん!』出演時、坂本勇人(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

ビッグバンのカラーリングはブラックやゴールドを基調としたモデルが多いですが、こちらはグレーを基調にした珍しいモデルです。ベルトにはグミアリゲーターストラップを採用。ベゼルにダイヤモンドをセッティングし華やかな仕上がりです。


『Going! Sports&News』出演時、坂本勇人(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『Going!』出演時、菅野智之(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『上田晋也のHERO×HEROインタビュー』にて、中田翔(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『ジョブチューン』出演時、藤浪晋太郎(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

全く新しいトノーケースを備えた「スピリットオブビッグバン」。
従来のビッグバンシリーズと意匠は異なりますが、「スピリットオブビッグバン」の名前が示すように、その魂は受け継がれています。
ムーブメントにはウブロとゼニスがコラボレートして作られた“HUB4700”を搭載。
名機エル・プリメロをベースに新しいデザインを作り上げました。


『ジョブチューン』出演時、内海哲也(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

2005年の発表以来、世界中でまさに爆発的な人気となった"ビッグバン"。ウブロの名を一躍有名にしたこのコレクションは、「融合」をテーマに今までの時計の概念を打ち破るべく発表されたモデルです。異なる素材同士を融合させ、エレガントとシンプルさを併せ持ったデザインで表現することで、世界中の時計マニアを感動させる強烈な個性を放っています。軽量で耐久性に優れたカーボン製ケース、さらにダイアルもカーボンブラックと、モノトーンで統一した控えめな色味にもかかわらず、隠せないほどの強い存在感を放っています。イタリアデザインの洗練性と、ウブロならではの個性的なシルエットは、見るもの全てを魅了する、新しい高級時計の形と言えます。


『しゃべくり007』出演時、阿部慎之助(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

世界中の芸能人、スポーツ選手御用達。


『NEWS 23』出演時、松坂大輔(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『ジョブチューン』出演時、嶋基宏(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

セラミック製のベゼルに、114ピース 1.22カラットのダイヤモンドをセッティングしたラグジュアリー仕様


『プロ野球 珍プレー好ブレー大賞』にて藤川球児(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

ブレゲがフランス海軍のために製作した時計が基になっている「マリーンコレクション」。 ダイバーズウォッチにアラーム機構を搭載し、風格のあるデザインに仕上げられたラグジュアリー・スポーツウォッチ。 「マリーン・ロイヤル」。


『すぽると』出演時、山田哲人(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『S-1』出演時、松田宣浩(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

 「異素材の融合」をテーマとして2005年に誕生した “ビッグバン” コレクション。ステンレス、セラミック、チタニウム、ラバーなど様々な異なる素材を巧みに組み合わせたマルチレイヤー(多層)構造による立体的なケースデザインが特徴です。

こちらはケースからダイアルまで全てカーボンファイバーを用いたビッグバンです。


『サタデースポーツ』出演時、松田宣浩(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

割金にプラチナを多く配合した18Kキングゴールド製ケースを採用。ケース、エスケープメントのアンクルおよびガンギ車には、軽量かつ耐蝕性、耐磁性に優れた「シリシウム」を採用した、ウブロ完全自社生産のコラムホイール式フライバッククロノグラフムーブメントを搭載。


黒田博樹がメジャーリーグ時代、愛用していた腕時計

腕時計

その名の通り全体がブラックで覆われた「ブラックマジック」
「311.CI.1170.GR」と違い、ムーブメントはCal.4200を搭載
ダイヤルの12時位置、ケースバックのローターに「GENEVE」ロゴのないブラックマジックになります。
ケースとベゼルには真っ黒なセラミックを使用し、両面スケルトンで軽さを感じます


『情熱大陸』にて、前田健太(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

Jacob(ジェイコブ)のFive Time Zone Watchについて
このシリーズは、まさにJacob(ジェイコブ)の顔ともいえる代表的なモデルであり、セレブリティーにも多くの愛用者がいます。
ダイヤモンドの埋め込まれたベゼルには、ノーマルの交換ベゼルがついています。
また、各商品にはウレタンの4色のベルトが付属し、オーナー自身が簡単にカラーを交換することができます。
単にリッチな腕時計であるだけでなく、オーナーが新鮮な気持ちで愛用しつづけられる工夫がされているのです。


国民栄誉賞授与式にて長嶋茂雄さん着用の腕時計

腕時計

元巨人軍監督・長嶋茂雄氏愛用モデル。第二時間帯もついた多機能クロノ。スポーティーエレガンスの代表作。 「ポロ45(Forty Five)・クロノグラフ GOA34002」


結婚会見で松井秀喜さん(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

初代アブラアン ルイ・ブレゲが残した言葉、 「完璧なオイルをくれたなら、完璧なムーブメントを製造してあげよう」。 の逆発想による意欲作の「クラシック シリシオン(シリコン)」。 ひげゼンマイ等に、摩擦係数が低く、時計パーツに適する素材と考えられている シリコンを採用し、潤滑油を大幅に軽減。


ヤンキースタジアムでの引退セレモニーで松井秀喜さん(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

ラグジュアリー・スポーツウォッチとして1972年に発表され、今やオーデマ・ピゲの顔として高い人気を誇る“ロイヤルオーク”。こちらはデイ/ナイトインジケーターを脇に備えたデュアルタイムモデルです。ポインターデイト、パワーリザーブも備えた実用性の高いモデルです。


『NEWS 23』出演時、山本浩二さん着用の腕時計

腕時計

デイデイトの3ゴールドモデル トリドール 18239A BIC 。素材にはゴールドもしくはプラチナのみを使用しており唯一フルカレンダーを搭載するデイデイトモデルの、イエロー・ピンク・ホワイトの3つのゴールドを使用した通称『トリドール』と呼ばれるブレスレットを装着した高級感溢れる贅沢なお品物です。


『すぽると!』出演時、金本知憲さん(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『ダウンタウンDX』にて、金本知憲さん着用の腕時計

腕時計

『すぽると』出演時、秋山幸二さん着用の腕時計

腕時計

2011年『巨人 阪神戦』原辰徳監督着用の腕時計

腕時計

1963年に登場したコスモグラフデイトナは防水機能を備えた世界初のクロノグラフとして知られ、世界中で絶大な人気を誇るタイムピース。この40ミリシルバーモデルはタキメーターベゼルとオイスターブレス(3連ブレス)を組み合わせた力強くスポーティな外観と、ホワイトダイヤル爽やかな表情が魅力。クロノメーター認定の自動巻きムーブメント「パーペチュアル」キャリバー4130を搭載した堅牢オイスターケースは絶妙のサイズ感で装着感にも優れます。


『Going Sports&News』原辰徳監督着用の腕時計

腕時計

コスモグラフ・デイトナの高級感はそのままに、普段のファッションにも取り入れやすい印象的なカラーリングに仕上がった一本!ベゼル部分のブルーのカラーリングがアクセントになっています。また、珍しいレザーのベルトもシックで人気です。1905年に設立された世界的な腕時計メーカー、ROLEX。伝統を保持しつつも、常に革新的なデザインや機能性を与え、世界中の人々に愛されています。そのブランドを象徴するロゴは王冠のマークで、時計界の認知度はまさに王様のようなポジションになっています。


『Going!』出演時、高橋由伸さん(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

2013年バーゼルワールドで発表された「ビッグバンウニコ」。軽量なチタン製ケースに、ブラックセラミック製のベゼルを組み合わせたモデルです。搭載ムーブメントは、ウブロ自慢の自社製コラムホイール・クロノグラフムーブメント「ウニコ」です。"UNICO"とはスペイン語で「ユニーク」を意味しています。スケルトン文字盤からはこのムーブメントを眺めることが出来ます。このコラムホイールによるクロノグラフ機構によりプッシュボタンを押す感触が軽く、操作にストレスを感じさせません。また、この新作では従来と異なりプッシュボタンが丸型となっており、さらにワンタッチでストップ交換となっています。


雑誌にて、高橋由伸さん(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

クラッシックフュージョン・クロノグラフのスケルトン文字盤モデル
ケースにはセラミックを採用サファイアガラス文字盤からムーブメントを堪能することが出来き、
ウブロの世界観を十分に味わえます。


『ダウンタウンDX』出演時、石井一久さん(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

『報道ステーション』にて、栗山英樹さん(プロ野球)着用の腕時計

腕時計

1963年に登場したコスモグラフデイトナは防水機能を備えた世界初のクロノグラフとして知られ、世界中で絶大な人気を誇るタイムピース。この40ミリシルバーモデルはタキメーターベゼルとオイスターブレス(3連ブレス)を組み合わせた力強くスポーティな外観と、ホワイトダイヤル爽やかな表情が魅力。クロノメーター認定の自動巻きムーブメント「パーペチュアル」キャリバー4130を搭載した堅牢オイスターケースは絶妙のサイズ感で装着感にも優れます。


長友佑都さん【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

2005年スイスで創業の新興ブランド。ラテン語で「時の守護神」を意味するブランド名は時計の完成度の高さからくる自信に満ちています。


栗山英樹【プロ野球】、原辰徳【プロ野球】、ディエゴ・マラドーナ【サッカー】、城彰二【サッカー】、池田勇太【プロゴルファー】 愛用の腕時計

腕時計

1963年に登場したコスモグラフデイトナは防水機能を備えた世界初のクロノグラフとして知られ、世界中で絶大な人気を誇るタイムピース。この40ミリシルバーモデルはタキメーターベゼルとオイスターブレス(3連ブレス)を組み合わせた力強くスポーティな外観と、ホワイトダイヤル爽やかな表情が魅力。クロノメーター認定の自動巻きムーブメント「パーペチュアル」キャリバー4130を搭載した堅牢オイスターケースは絶妙のサイズ感で装着感にも優れます。


デイビット・ベッカム【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

「史上最強ダイバーズ登場」

 3900mもの深海(ディープシー)まで防水を可能にしたプロスペックモデル。

 シードゥエラー(Ref.16600)の後継機種として2008年に誕生。ロレックス初の肉厚なドーム型サファイアガラスに、圧巻のケースボリューム、セラクロム(ブラックセラミック)ベゼル、最新防水システム“リングロックシステム”などロレックスの技術の粋を形にした本格派ダイバーズ仕様の1本です。

 常に時代のニーズに応える形で、潜水時計のスタンダードを作ってきたロレックス。1950年代に、潜水システムを開発し、神とまで言われた、ジャック イブ クストーからの依頼で、サブマリーナーのプロトタイプが完成する。1972年にシードゥエラーが完成し、その後、フランスのコメックス社との共同開発など、数々の名機を残しつつある、ロレックスを代表するモデルの一つに位置づけされています。


宮本恒靖さん【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

2010年のバーゼル・ワールドにて登場したサブマリーナデイト。高級感と耐久性が与えられたグリーンのセラミック製回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングしたこだわりの仕様となっています。ブレスレットにはグライドロッククラスプが装着されることで、手軽にブレスレットのサイズが調整できるようになりました。文字盤にセッティングされる、ドットのインデックスには青白い発光をするクロマライト夜光塗料を採用。ムーブメントには新世代ロレックスが採用しているパラクロムヒゲゼンマイが搭載されています。ベゼル、ダイアルまでグリーンでカラーリングされた特別なサブマリーナです。


井岡一翔(プロボクサー)、長友佑都(サッカー)、岩隈久志(プロ野球)愛用の腕時計

腕時計

ウブロ(HUBUROT) 創業は1980年。シンプル&エレガントで常識にとらわれないアイデアは時計ファンをうならせ、ファン層を拡大。愛用者には世界で活躍するアスリートやビジネスリーダー、セレブリティーなど著名人が多く、’成功者の時計’とも呼ばれています。


ペレ【サッカー】、小野伸二さん【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

 「異素材の融合」をテーマとして2005年に誕生した “ビッグバン” コレクション。ステンレス、セラミック、チタニウム、ラバーなど様々な異なる素材を巧みに組み合わせたマルチレイヤー(多層)構造による立体的なケースデザインが特徴です。

こちらはケースからダイアルまで全てカーボンファイバーを用いたビッグバンです。


遠藤保仁さん【サッカー】、阿部勇樹さん【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

ケースのブラックは荒れる海の色、ダイヤルは雨雲が立ち込める海の色を象徴ている「ビッグバン アイスバン」。
ケースには、高強度・軽量・耐熱性・耐衝撃性に優れているセラミックを使用しています。
ベゼルにはタングステンとストラップにラバーを採用し、「異なる素材の融合」と「伝統と未来の融合」をテーマとした、このシリーズならではの作りになっています。


長友佑都【サッカー】、楢崎正剛【サッカー】、長野久義(プロ野球)愛用の腕時計

腕時計

ウブロのイメージを変え、大ヒット作となった「ビッグバン」。
セラミックやカーボンなどの異素材を組み合わせ大胆に使う先進性と、卓越したそのデザインは人気になるのも頷けます。
こちらは黒でイメージを統一した「ブラックマジック」。
ケースにはPVD加工を施し、ベゼルにブラックダイヤモンドをセッティングすることで、「黒」が持つ色気を引き出しています。


王貞治さん(プロ野球)、亀田興毅さん【プロボクサー】愛用の腕時計

腕時計

30年以上前にパテックフィリップ初の本格スポーツウォッチとして誕生した“ノーチラス”。オリジナリティあふれるオクタゴン型(八角形)のフォルムは、各辺が緩やかなカーブを描き全体が洗練されたクラシックな形をつくり出しています。ムーブメントには同社の高い技術力が生み出したCal.324SCを搭載しています。


三浦知良さん【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

多くの人気ウォッチを手がけてきたジェラルド・ジェンタ氏がデザインを担当し、パテックフィリップの中でも人気の高い“ノーチラス”の入荷です。ポインターデイト、ムーンフェイズ、パワーリザーブと様々な機能を付加した多機能モデルは、通称「プチコン」と呼ばれ、ノーチラスの中でも高い人気を誇ります。Cal.240をベースにしたマイクロローター採用の自動巻きムーブメント“Cal.240PS IRM C LU”を搭載しており、その美しい動きをシースルーバックの裏蓋からご覧頂けます。


松田宣浩さん(プロ野球)愛用の腕時計

腕時計

ロングセラーとなり、人気の衰えないJ12クロノグラフ。ベゼルには2重にダイヤモンドをセッティング。クールな中にもゴージャス感が漂い、ラグジュアリーな機械式ウォッチとなっております。


香川真司さん【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

 2011年に誕生した「ブラック・クロコ(BLACK CROCO)」。様々なバリエーションが展開されている人気のコレクションです。

 一見するとクロコダイル柄のプリントに見えますが、ステンレス素材のケースと文字盤にクロコダイル模様の凹凸を彫り込み、さらにPVDコーティングによるブラック仕上げを施した独創的でユニークな時計です。

 ケースと文字盤のクロコダイル模様は繋がっている様に加工されて、一体感のあるデザインとなっています。


金子千尋さん(プロ野球)愛用の腕時計

腕時計

カルティエのメンズラインで絶大な人気を誇る「カリブルドゥ カルティエ」
中でも人気のダイバーから2016年、新色が登場
艶のある鮮やかなブルーの文字盤はスポーティでありながら
高級感のある仕上がりにブルーセラミックのベゼルは非常に発色がよく
文字盤より一段階明るくPGケースとも相性が抜群
ダークブルーのストラップにはブルーのステッチが軽やかな印象
完全防水のカーフスキンにラバーを裏打ちしたこだわりの仕様です
PGケースでラグジュアリーさとスポーティさを兼ね備えた
デイリーユースでも活躍してくれそうな注目モデルです


ザッケローニ(サッカー監督)愛用の腕時計

腕時計

ザッケローニ(サッカー監督)愛用の腕時計

腕時計

片山晋呉さん(プロゴルファー)愛用の腕時計

腕時計

ロイヤルオークはオーデマピゲを代表するラグジュアリースポーツウォッチ。1972年に誕生し、従来の常識を覆す世界初のステンレススティール製高級時計として世界を驚かせました。船の舷窓をかたどった八角形ベゼル特徴的なロイヤルオークの中でも、オフショアは100m防水と自動巻きクロノグラフムーブメントを搭載しているのが魅力。ツヤを抑えたメタルケースとブレスの一体感ある仕上げ力強いこの42ミリモデルは、男らしい大ぶりサイズとブラック×シルバーのメリハリ効かせたダイヤルに赤い差し色映えるデザインも抜群にお洒落。「メガ・タペストリー」と呼ばれる模様が施されたダイヤルには3時位置に日付窓、外縁にタキメーターを備えて実用性高く、245グラムのずっしりとした着け心地もたまりません。


片山晋呉さん【プロゴルファー】愛用の腕時計

腕時計

長友佑都さん【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

デイビット・ベッカム【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

井岡一翔さん【プロボクサー】愛用の腕時計

腕時計

ダークグレー文字盤、自動巻き、 3時の位置にデイ&ナイト表示、センターの秒針と60分積算計が同時に作動するフライバック機構付きクロノグラフ、100m防水、6時の位置にカレンダー、クロコ革ストラップ


『ヒルナンデス 箱根紅葉狩りデート対決!』で、陣内貴美子さん【バドミントン】着用の腕時計

腕時計

TBS『スーパーサッカー』にて、岡崎慎司さん【サッカー】着用の腕時計

腕時計

 フランク・ミュラーの多彩なコレクションのなかで定番人気モデルとして愛されてる「カサブランカ」。 ステンレススティール製のケースと夜光付きの針を組み合わせた、実用性の高さも魅力のコレクションです。 この「カサブランカ クロノグラフ ノワール」は、サテン仕上げのステンレススティールに「ブラックPVD」を施した、オールブラックの精悍なモデルです。 存在感満点のビッグケースに配されたインデックスと針は夜光付きで、暗い場所でもしっかりと時を告げてくれます。 そのため、オールブラックのカラーリングが引き立つのは、もしかすると夜なのかもしれませんね。 クロノグラフと日付表示機能を備えた、実用性の高さも見逃せないモデルです。


大久保嘉人さん【サッカー】愛用の腕時計

腕時計

2010年のバーゼル・ワールドにて登場したサブマリーナデイト。高級感と耐久性が与えられたグリーンのセラミック製回転ベゼルは、目盛りの部分にプラチナをコーティングしたこだわりの仕様となっています。ブレスレットにはグライドロッククラスプが装着されることで、手軽にブレスレットのサイズが調整できるようになりました。文字盤にセッティングされる、ドットのインデックスには青白い発光をするクロマライト夜光塗料を採用。ムーブメントには新世代ロレックスが採用しているパラクロムヒゲゼンマイが搭載されています。ベゼル、ダイアルまでグリーンでカラーリングされた特別なサブマリーナです。


則本昂大(プロ野球)愛用の腕時計

腕時計

フジテレビ『スポーツLIFE HERO'S』で、清武弘嗣さん【サッカー】着用の腕時計

腕時計

 ロレックスのみならず機械式時計を代表する人気クロノグラフである 「コスモグラフデイトナ」。 世界的に有名なサーキットの名を冠していながらも 「コスモ(宇宙)グラフ」 というサブネームからは大宇宙をも連想させます。 高級素材である 「K18ホワイトゴールド」 をケースに使用しているため、レザーモデルでありながらもズッシリとしたボリュームを感じさせます。 つい自慢したくなるようなスペックながら、シルバーカラーとブラックカラーでまとめ上げられたシックな外観は 「大人のクロノグラフ」 と呼ぶにふさわしい落ち着きのある佇まいとなっています。


フジテレビ『すぽると』で、フィーゴ【サッカー】着用の腕時計

腕時計

2010年新作 ペラトン式自動巻きフライバッククロノグラフ・ムーブメントCal.89361を搭載したモデルです。12時位置のインダイアルで60分と12時間の積算を同軸で表示し、これにより経過時間を直感的に読み取ることが可能になりました。また、ポルトギーゼ・コレクションとしては初めての蓄光塗料付きの針とインデックスを採用。そしてねじ込み式リューズを採用しています。


日テレ『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』で、吉田麻也さん【サッカー】着用の腕時計

腕時計

特許取得済みの緩衝システムにより振動、衝撃から時計を守ります。24のタイムゾーンが瞬時に読み取れるワールドタイム、秒針インジケーター表示、クロノグラフ、リューズプッシャーロック機構などを備える多機能モデルです。


『東アジアカップ2015 日本×北朝鮮』ハリルホジッチ【サッカー監督】着用の腕時計

腕時計

 2013年のバーゼルワールドで発表された「ビッグ・バン ウニコ」シリーズ。 人気コレクション「ビッグ・バン」に、インハウスムーブメント「ウニコ/UNICO」を初めて搭載した意欲作です。
 リスターティングフライバック機構を備えた「ウニコ」は、ダイアル側にコラムホイールをはじめ、すべてのクロノグラフ機構を集中。 そのため、ダイアル側からコラムホイールをはじめ、精密なメカニズムが楽しめるようになっています。 搭載される「HUB 1242」は、プッシュボタンを押す感触が非常に軽く、まったくストレスを感じさせない操作性。 それは、角型から丸型に変更されたプッシュボタンの影響も大きいと考えられます。 なお、ビッグ・バンから1mm大きくなった、「45mm」のキングゴールド製ケースには、クイックチェンジシステムを搭載しています(※交換用ストラップはありません)。 ベゼルはブラックセラミック製で、Hシェイプのチタニウム製ビスが6個セットされています。
 ラグジュアリーなキングゴールド製のケース。 オープンワークの文字盤、ライン入りのラバーストラップなど、スポーティーな雰囲気と高い機能を備えたモデルです。


『2018 FIFA ワールドカップ2次予選 日本VSシンガポール』ハリルホジッチ【サッカー監督】着用の腕時計

腕時計

 フランス語で 「船窓」 を意味する 「ウブロ」 は、1980年のバーゼルフェアでデビュー。 伝統的な手工芸技術や装飾性が重んじられてきた高級時計の世界にあって、「シンプル」&「エレガンス」というウブロのデザインは世界の時計マニアに新鮮な感動を与えました。 それまではダイバーズウォッチでしか見られなかった 「スチールケース」 と 「ラバーベルト」 の組み合わせをドレスウォッチにも採用し、従来の高級時計のデザインセオリーを打ち破っていきました。 まさに、イタリア人である創始者「カルロ・クロッコ」 の 「スイス時計の技術とイタリアンデザインの洗練性を併せ持つ斬新で個性的な時計作り」 という哲学を形にしたコレクション たちです。

 こちらは、サッカー日本代表モデル「ビッグバン ブルーヴィクトリー」。チームカラーのサムライブルーをイメージした青色のダイアルとストラップに、赤色のクロノグラフ針と目盛がアクセントとして目を引きます。ケースバックには日本代表チームのエンブレムがプリントされた、ウブロファンだけでなく、サッカーファンにもうれしい日本限定モデルです。