ウェンガー WENGER


ドラマ『家売るオンナの逆襲』で、鈴木裕樹さん着用の腕時計

腕時計

1893年、スイス・ジュラ州のドレモン近くにある小さな地域、クルテテルにナイフ工場として設立。

WENGERは、120年の歴史を誇ります。
この長い歴史は、世界的に有名な「スイス・アーミーナイフ」をはじめとする
多くの象徴的な製品の製造や、高い品質と精度、優れたクラフトマンシップに
よって今まで形作られて来ました。

WENGERはその後、1997年に腕時計の販売を開始、
ミリタリーウォッチとして、特殊部隊などにも採用され日本でも人気に・・・。
そして、人気ドラマ「踊る大走査線」で主人公の織田裕二さんが着用していたことで
一気にブレイクします!その後も「海猿」で伊藤英明さんが着用して人気を不動のものにします。

日本での人気がある中で2013年に、VictorinoxがWENGERのナイフ事業を自社に統合。
Victorinox 【ビクトリノックス】社の傘下になってからも、しばらく国内販売は続きましたが
2015年4月に、日本でのWENGER WATCHの取扱い及び販売が休止します。
2017年より、再度日本での販売を開始。今までのラインナップで人気モデルを残しつつも
その時代に合ったデザイン、フォルム、スペックの時計を製作。
今までより更にリーズナブルな価格設定になったのも嬉しいですね。

全てのWENGERウォッチは、スイス製ムーブメント、ステンレススチール316L、本革ベルトなどの
良質な素材を使用してスイス国内で製造し、3年保証にて販売いたします。